役員の紹介

磯野彰彦(いそのあきひこ)理事

磯野理事

みなさまへ

 毎日新聞社に33年間勤務した後、2011年春に56歳で昭和女子大学に転職しました。以来
、経済関係の授業も持たせてもらっていますが、主に就職活動を支援しています。経済記
者が長いことから、産業界の動向など国内外の経済の状況を見極めつつ、どこにどんな情
報があるか、役に立つ情報は何か、フェイクニュースに騙されないためにはどうしたらい
いか……といった視点で学生にアドバイスしていきたいと考えています。また、理事とし
ては、従来の職務範囲を超えて、学園全体に貢献するよう努力します。

プロフィール

選任条項 理事(寄附行為第7条第3号)
出身地 滋賀県高島市
最終学歴 東京大学法学部卒業
趣味 読書・音楽鑑賞

経歴

昭和53年 4月 毎日新聞社入社 東京本社福島支局
昭和58年 5月 同社 東京本社社会部
昭和60年10月 同 経済部
平成 4年 4月 同 政治部
平成 7年 9月 毎日新聞労働組合本部執行委員長
平成15年 7月まで 大阪本社経済部
平成16年 4月まで 中部本社編集制作総務
平成18年 4月 東京本社編集局次長
平成20年 6月 デジタルメディア局長
平成21年10月 新聞研究本部長兼紙面審査委員長
平成23年 4月 昭和女子大学キャリア支援センター副センター長
平成25年 4月

同キャリア支援センター長、グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学
科特命教授
平成27年 4月 平成27年4月 キャリア支援部長兼務 ビジネスデザイン学科教授
令和 2年 4月 学校法人昭和女子大学理事

座右の銘

自ら調べ自ら考える

 特に「座右の銘」はないのですが、 私の出身中学・高校に「三理想」という校訓のようなものがあり、 その一つが「自ら調べ自ら考える力ある人物」です。 これを中学高校の6年間ひたすら刷り込まれました。 「自調自考」(じちょうじこう)と表記することもありますが、 私の頭の中では「自ら調べ自ら考える」がリフレインしています。 私なりに解釈すると、 誰かに頼るのではなく、 自分の足でしつかり立ちなさいということ。 「調べ」「考 え」の次には「行動」があります。 昭和女子大学に着任して以来、 授業などでこの言葉を何度か引用しています。


ページの先頭へ