昭和学園新体育館

2006年3月、キャンパス西側に隣接する校地に新しく完成した体育館と屋内プールからなる総合体育施設

体育館

バレーボールとバスケットボールの公式試合ができるほか、様々なスポーツができる設計になっています。

プール

年間を通して利用できる温水プールとなっているほか、園児から社会人までが利用できるよう床面が昇降(水深0cm~169cm)します。

体育館外部にはテニスコートも配置しています。

自然に親しめる空間

体育館の周囲は、杜楠苑(となんえん)と名づけ、せせらぎや水遊びができる小さな池がある全長80mに及ぶビオトープ(動植物の育成環境)、芝生広場、四季を通じて彩りをそえる花や樹木を配置して都心の中にいながら自然を楽しめる空間となっています。


建物の北側は全面ガラス張りの回廊スペースなので、草原のなかを歩いているような感覚でアリーナやプールに移動できます。

地球環境にやさしい

学園では、全学で地球環境保全に取り組んでいます。
昭和学園新体育館も自然換気を中心とした省エネルギー設計にするとともに、屋上には、地球温暖化防止に寄与するため太陽光発電システムも設置しています。

概要、主な施設

敷地面積 7,626m2
延床面積 3,769m2
屋内温水プール
(可動床)
25m×6コース
プールサイド床暖房
監視用カメラ4台
体育館アリーナ 1.147m2 (37m×31m)
公式競技用バレーボールコート…1面
正規バスケットコート…1面
練習用バスケットボールコート…2面
サブバレーボールコート(6人制)…2面
バトミントンコート…6面
ドッジボールコート…2面
器具庫…2室
可動式観覧席(ロールバック席)
プレイルーム 1室(120m2
その他の
設備・施設
多目的トイレ3箇所/更衣室8室/体育教員室2室/シャワー室4室/管理事務室/医務コーナー/会議室/プール見学用ギャラリー/アリーナ見学用ギャラリー/便所5箇所/太陽光発電装置/給湯コーナー2箇所/外部テニスコート1面/芝生広場/

ページの先頭へ