学園の歩み

本学園は大正7年に創立者人見圓吉を中心として組織された「文化懇談会」に端を発します。
その後「文化懇談会」は「日本婦人協会」へと発展し、第一次世界大戦直後の大正9(1920)年9月には、新しい日本文化の創造と人類福祉の増進に自ら進んで貢献する女性の育成という大きな教育目標を掲げ、現在の文京区、当時の小石川区西江戸川町に「日本女子高等学院」を設立しました。

第1期生は8名、これを迎える専任講師は5名でした。愛と理解と調和を旨とし、「世の光となろう」という建学の精神を確立し、その第一歩を踏み出しました。

沿革

大正 9年 9月 人見圓吉ほか有志4名が私塾「日本女子高等学院」創立(現東京都文京区水道4-28)
加治いつが初代校長に就任
大正11年 4月 私立学校「日本女子高等学校」に昇格、5年制の高等女学部を付設
加治いつが初代院長に就任(日本女子高等学院)
校舎を移転(現東京都中野区東中野4-2)
校内寮を開設して学寮制の端緒を開く
大正15年 4月 校外寮第1号「葵寮」を開設
大正15年 6月 校舎を移転(現東京都中野区上高田1-39)
校歌を制定
昭和 2年 7月 財団法人日本女子高等学院を設立
高等女学部を分立し「昭和高等女学校」とする
人見圓吉が理事長に就任
加治いつが初代高等学院院長・高等女学校校長に就任
昭和 3年 7月 千葉県館山で夏季寮を開始
昭和 8年 4月 松平俊子が第2代院長・校長に就任
昭和13年 6月 武蔵野と湘南で田園学寮を開始
昭和20年 4月 戦災のため全校舎罹災
昭和20年11月 東京都世田谷区三宿町の旧陸軍近衛野戦重砲兵連隊跡地に校舎を移転
(現東京都世田谷区太子堂1-7)
昭和21年 4月 財団法人東邦学園を設立し、傘下に日本女子専門学校を設置して日本女子高等学院の課程を引き継ぐ
人見圓吉が理事長に就任
松平俊子が校長に再任
朋友班活動はじまる
生徒の自主的活動組織「光葉会」発足
昭和21年12月 人見圓吉が第3代院長・校長に就任
昭和22年 4月 義務教育制度により昭和高等女学校下級3年間を「昭和中学校」と改めて開校
人見圓吉が校長を兼任
昭和23年 4月 新学制により昭和高等女学校を「昭和高等学校」と改める
昭和24年 4月 新学制により日本女子専門学校を「昭和女子大学」と改め、学芸学部を置く
金子健二が初代学長に就任
昭和25年 4月 昭和女子大学短期大学部を開学
玉井幸助が初代短大学長に就任
日本女子高等学院を改組し、高卒女子の専門教育機関「昭和女子学院」(=後に廃止)を設立
昭和25年 6月 中高部で生徒新聞「ル・ベレー」を刊行
昭和26年 3月 財団法人東邦学園を「学校法人昭和女子大学」と改める
財団法人日本女子高等学院を「学校法人昭和高等学校」と改める
人見圓吉が両法人の理事長に就任
昭和26年 4月 短期大学部に第二部を開設
学校法人昭和高等学校に昭和幼稚園を付設
人見圓吉が初代園長に、人見楠郎が主事に就任
幼稚部で幼稚園庶務制度はじまる
昭和28年 4月 学芸学部を文家政学部に名称変更
学校法人昭和高等学校に昭和小学校を付設、人見圓吉が初代校長に、人見楠郎が主事に就任
昭和30年 3月 近隣火災の飛火で学園内施設の3分の1を焼失
昭和30年 5月 初等部校舎(第2校舎)が完成
昭和30年12月 中高部で「学習進歩賞・努力賞」表彰制度はじまる
昭和31年 6月 児童教育研究所を設置
昭和31年 7月 初等部で海浜学校を実施
昭和34年 1月 初等部で完全給食を開始
昭和34年 8月 体育館完成
昭和35年 4月 人見楠郎が第2代幼稚部園長に就任
昭和36年 4月 中高部で1学年2学期制を導入
昭和37年 1月 玉井幸助が第2代学長に就任
昭和38年 4月 学校法人昭和女子大学に学校法人昭和高等学校を併合
学校名を昭和女子大学附属昭和高等学校、附属昭和中学校、附属昭和小学校、附属昭和幼稚園と改める
昭和39年 3月 初等部で校歌を制定
昭和39年11月 初等部「昭和っ子の研究」第1巻を発行
昭和40年 3月 初等部が学校給食の実施に関して文部大臣賞を受賞
昭和40年 4月 大学5号館が完成
昭和40年 9月 大学図書館棟が完成
昭和40年12月 人見楠郎が第4代中高部校長・第2代初等部校長に就任
昭和41年 3月 中高部1号館が完成
昭和41年 4月 中高部でブレイクタイムがはじまる
昭和41年11月 第1回中高部感謝音楽祭を実施
昭和41年12月 大学1・2号館が完成
昭和42年 1月 幼稚部園舎が完成
中高部第1回スクールカラーデーを実施
昭和44年 1月 河鰭實英が第3代学長・第2代短大学長に就任
昭和45年 4月 近代文化研究所を設置
初等部で「富士登山マラソン」を開始
昭和48年11月 人見楠郎中高部・初等部校長が藍綬褒章を受章
昭和49年 2月 初代理事長人見圓吉が逝去(勲2等瑞宝章受章)
第2代理事長に人見楠郎が就任
昭和49年 4月 大学院文学研究科修士課程(日本文学・英米文学専攻)を開設
昭和52年 4月 研修学寮「東明学林」を開設(神奈川県足柄上郡大井町山田字道津1868)
学外寮「緑声舎」「ときわ寮(平成元年 3月「若葉寮」と改称)」を開設(東京都世田谷区弦巻5-7)
中高部が文部省から中高一貫教育研究開発校の指定を受ける
昭和52年12月 初等部新校舎が完成
昭和53年 1月 初等部でランチルーム使用開始
昭和53年 4月 大学文家政学部を文学部と家政学部に分離
初等部1学年3学級制を開始
昭和55年 2月 「創立者人見記念講堂」を開設
昭和55年 4月 坂本由五郎が第4代学長・第3代短大学長に就任
昭和56年12月 大学3号館が完成
中高部2号館が完成
昭和57年 3月 学園本部館が完成
昭和57年 4月 人見楠郎が第5代学長・第4代短大学長に就任
昭和58年 4月 中高部で五修生制度を導入
昭和59年 4月 特別奨学金(多人数入学家庭)制度の適用を開始
昭和60年 6月 大学4号館が完成
昭和61年 3月 研修学寮「望秀海浜学寮」を開設 (千葉県館山市那古1672-30)
昭和61年 4月 大学院家政学研究科修士課程(生活造形学・食物栄養学専攻)を開設
短期大学部に専攻科を開設
昭和61年 5月 女性文化研究所を設置(児童教育研究所を編入して児童教育研究室とする)
昭和62年 4月 教育法人昭和ボストン女子学園「Showa Women’s Institute Boston, Inc.」(現 Showa Boston Institute for Language and Culture, Inc.)を設立(420 Pond Street, Boston, Massachusetts U.S.A)
昭和62年 6月 初等部が総合学習で読売教育賞本賞を受賞
昭和62年11月 人見楠郎理事長・学長・校長が勲2等旭日重光章を受章
昭和63年 4月 米国マサチューセッツ州にボストン昭和女子大学を開学
昭和63年 7月 中高部の中高一貫教育が読売教育賞を受賞
平成元年 4月 大学院文学研究科に博士後期課程(日本文学・英米文学専攻)を併置
大学院生活機構研究科博士後期課程(生活機構学専攻)を併置
生涯学習施設「昭和女子大学オープンカレッジ」を開設(東京都世田谷区太子堂1-7)
平成 2年 5月 庭園「昭和之泉」を開園
平成 4年 1月 昭和幼稚園開園40周年式典を挙行
平成 4年 4月 文学部に心理学科、日本文化史学科を開設
平成 4年 5月 国際文化研究所を設置
平成 5年 4月 大学院生活機構研究科に修士課程(生活文化研究・生活科学研究専攻)を併置
平成 6年 1月 昭和小学校創立40周年記念式典を挙行
平成 6年 4月 家政学部を生活科学部に改称
研究館が竣工
光葉博物館を開設
福場博保が第5代短大学長に就任
平成 7年 3月 大学院家政学研究科を廃止(生活機構研究科に編入)
平成 7年 4月 生活心理研究所を設置
平成10年 4月 生活科学部生活美学科を生活環境学科に改称
平成10年 8月 初等部南側グラウンドを全天候型化
平成12年 9月 80年館が完成
平成12年10月 学園創立80周年記念祝典を挙行
平成12年11月 第2代理事長人見楠郎が逝去
人見楷子が第3代理事長に就任
小林美佐子が第5代中高部校長・第3代初等部校長に就任
渋谷弘子が第3代園長に就任
平成13年 4月 短期大学部専攻科人間教育学専攻を設置
江口雄輔が第4代初等部校長に就任
平成13年11月 昭和幼稚園開園50周年記念式典を挙行
平成14年 4月 生活科学科食物科学専攻を食物健康学専攻に改称
長谷川勉が第6代校長に就任
平成14年 6月 初等部が「各教科の内容を生かした英語教育の実践」で読売教育賞を受賞
平成15年 4月 文学部を人間文化学部に改称
日本文学科を日本語日本文学科に、英米文学科を英語コミュニケーション学科に、日本文化史学科を歴史文化学科に改称
人間社会学部を開設
人間社会学部心理学科・福祉環境学科・現代教養学科を開設
短期大学部国語国文学科第一部、英語英文学科第一部を統合し、人間文化学科第一部に改組
短期大学部国語国文学科第二部、英語英文学科第二部を統合し、人間文化学科第二部に改組
短期大学部専攻科に保育学専攻を設置
人間文化学部心理学科、短期大学部国語国文学科第一部・第二部、英語英文学科第一部・第二部の募集を停止
平井聖が第7代学長・第6代短大学長に就任
平成15年10月 渡辺満利子が第7代中高部校長に就任
平成15年11月 初等部創立50周年記念式典を挙行
平成16年 4月 島田淳子が第7代短大学長に就任
平成16年 9月 短期大学部国語国文学科第一部・第二部、英語英文学科第一部、第二部を廃止
平成17年 4月 大学院文学研究科に言語教育・コミュニケーション専攻(博士前期課程)を設置
大学院生活機構研究科に心理学専攻(修士課程)を設置
平成18年 3月 昭和学園新体育館・杜楠苑を竣工
平成18年 4月 人間社会学部初等教育学科を開設
短期大学部人間文化学科第一部・第二部と生活文化学科第一部・第二部を統合して文化創造学科第一部・第二部を開設
短期大学部初等教育学科を子ども教育学科に名称変更
大学院生活機構研究科に福祉社会研究専攻(修士課程)を設置
短期大学部専攻科人間教育学専攻の募集を停止
平成18年 9月 各種学校ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和を開校
平成19年 3月 人間文化学部心理学科、短期大学部専攻科人間教育学専攻を廃止
平成19年 4月 大学院生活機構研究科に環境デザイン研究専攻(修士課程)を設置
短期大学部文化創造学科を昼夜開講制として短期大学部文化創造学科第二部の募集を停止
坂東眞理子が第8代学長に就任
江口雄輔が第4代幼稚部園長に就任
平成19年 9月 短期大学部生活文化学科第一部を廃止
平成20年 3月 短期大学部生活文化学科第二部を廃止
短期大学部人間文化学科の昼夜開講制を廃止
平成20年 4月 大学院文学研究科に言語教育・コミュニケーション専攻(博士後期課程)を設置
生活機構研究科に人間教育学専攻(修士課程)を設置
坂東眞理子が第8代短大学長に就任
石原由美子が第8代中高部校長に就任
平成21年 3月 短期大学部人間文化学科第一部を廃止
平成21年 4月 人間文化学部に国際学科を設置
生活科学部に健康デザイン学科を設置
人間社会学部福祉環境学科を福祉社会学科に、生活科学部生活環境学科を環境デザイン学科に、生活科学部生活科学科を管理栄養学科に名称変更
短期大学部食物科学科の募集を停止
平成21年 9月 短期大学部人間文化学科第二部を廃止
平成22年 4月 小泉清裕が第5代初等部校長に就任
大学クラブハウスが完成
短期大学部文化創造学科第二部、短期大学部食物科学科、短期大学部専攻科食物科学専攻を廃止
平成22年 10月 学園創立90周年記念祝典を挙行
平成23年 4月 第4代理事長に平尾光司が就任
大泉章子が第9代中高部校長に就任
平成23年11月 幼稚部開園60周年式典を挙行
平成24年10月 昭和学園中期計画を策定
平成25年 4月 小泉清裕が第5代園長に就任
グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科を開設
現代ビジネス研究所を設置
平成26年 4月 第5代理事長に坂東眞理子が就任
平成26年 8月 短期大学部を廃止
平成26年11月 現代教育研究所を設置
平成27年4月 女性健康科学研究所を設置
平成27年8月 新幼稚部園舎(こども園舎)が竣工
平成28年4月 幼稚園廃止と同時にこども園が開園し、小泉清裕が初代統括園長に、越川小枝子が初代園長に就任
金子朝子が第9代学長に就任
昭和女子大学ダイバーシティ推進機構を設置

ページの先頭へ